So-net無料ブログ作成

上島竜兵ついに冠番組!「竜兵会」が集結!「座右の銘は現状維持だが、レギュラーはうれしい」

写真拡大竜兵会メンバーによるリアクション祭 / 上島竜兵、肥後克広、土田晃之、有吉弘行、デンジャラス ノッチ・安田、インスタントジョンソン すぎ。 リアクション芸人の上島竜兵が率いる、ある意味最強の芸人集団「竜兵会」が携帯電話専用放送局BeeTVで集結、メンバーである、肥後克広、土田晃之、有吉弘行らが上島竜兵をいじり倒しリアクションを引き出していく新番組「竜兵会の約束」が3月20日から配信される。 この番組は、日本一のリアクション芸人“上島竜兵”が素の状態でもリアクションができるのか? というテーマに沿って、仕掛け人が居酒屋や控え室などに数々のどっきりを仕掛けていき、上島が素の状態から繰り出すリアクションを竜兵会のメンバーたちがあらゆる角度から突っ込みまくるというもの。また、メンバーたちからの鋭い突っ込みに対して、上島が発するという言葉も見どころの一つとなっている。 もともと、竜兵会とは東京の中野近辺で飲み会を開いている芸人集団で、上島竜兵(社長)を慕って集まった、肥後克広(副社長)、土田晃之(広報部長)、有吉弘行(チンピラ社員)、デンジャラス ノッチ(リストラ候補)、デンジャラス 安田(総務部長)、インスタントジョンソン すぎ。(新入社員)が在籍している。自身の冠番組となる上島からは「座右の銘は現状維持だが、レギュラー番組をいただけてうれしい。もともと竜兵会は楽しく飲むつもりで始めたけど、今は土田や有吉など後輩が売れてきたので潤っている、おれにとってはなくてはならないもの。後輩のおかげでレギュラー番組もついたので一生ついていきます!」と笑いを交えつつやる気を見せている。 普段は「あんなバカは見たことない(笑)」(肥後)、「おれの目標は上島竜兵より先に引退しないこと」(有吉)など言いいたい放題だが、実はメンバーは全員「尊敬する芸人は上島竜兵」と言っており、仲の良さが伝わるエピソードだ。こんな、コアなメンバーが集まって上島からお約束を超えた奇跡のリアクションを引き出すことができるのか、笑いの神は降臨するのか、注目の新番組になりそうだ。 新番組「竜兵会の約束」(全28話)3月20日からBeeTVにて 毎週火曜日 19:00 放送※BeeTVはエイベックスとNTTドコモが運営する、携帯電話専用放送局【関連情報】・内田有紀が独身アラサー派遣社員役に決定!就活、婚活の狭間で揺れ動く「30ハケン女が就職する方法」配信・美競演!小雪、相武紗季、水川あさみ、優香、長谷川京子が監督の「忘れられない女」にびっくり・ISSA、ますだおかだの岡田、温水洋一の恥ずかしい秘密の共通点?監禁型バラエティ番組「荘〜そう〜」・クワバタオハラ小原正子アニメ「だめんず・うぉ〜か〜」主題歌で歌手デビュー!・南沢奈央韓国ドラマデビュー!イケメン俳優と切ないラブストーリーに挑戦!!

2週目も爆走!『アリス・イン・ワンダーランド』が堂々の全米ナンバーワン!-3月15日版【全米ボックスオフィス考】

写真拡大トップ街道ばく進中! (映画『アリス・イン・ワンダーランド』より)(C) Disney Enterprises, Inc. All rights reserved. マット・デイモンの新作を打ち負かし、公開2週目の映画『アリス・イン・ワンダーランド』が再び全米ナンバーワンに輝いた。本作は、2週目にしてすでに興行収入が2億ドル(約180億円)の大台に乗り、今週は6,271万ドル(約56億4,390万円)という高収入を記録している。ちなみに46パーセントの下降率を記録したものの、これはファンタジー大作の2週目にはありがちで、許容範囲だ。また、先週末の1億1,610万ドル(約104億4,900万円)という巨額の興行収入から考えれば46パーセントの下降率はむしろ低めともいえ、さらに今週末の成績は、トップ10入りした新作4本の合計興行収入を上回る成績である。(1ドル90円計算) 今週の第2位には、1,431万ドル(約12億8,790万円)の成績で新作映画『グリーン・ゾーン』がランクイン。マットが『ボーン』シリーズでもおなじみのポール・グリーングラス監督とタッグを組んだ3作目で、3,003上映館・3,400スクリーンと、かなりの大型ロードショーだったのにもかかわらず、第2位という結果はスタジオにとって不本意な数字となった。配給会社ユニバーサル・ピクチャーズにとって期待は大きく、さらに公開2週目の『アリス・イン・ワンダーランド』に負けてしまったということで、まさに泣き面にハチ状態である。 第3位は、映画『シーズ・アウト・オブ・マイ・リーグ』(原題)で978万ドル(約8億8,020万円)の興行成績。映画『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』でオタッキーな兵士を演じていい味出していたジェイ・バルチェルの作品だ。ジェイは、映画『無ケーカクの命中男/ノックトアップ』などにも脇役で出ていたものの、先輩コメディアンのスティーヴ・カレルやジャック・ブラックらに比べると格段に知名度が低いため、それを考慮すると上位に食い込めたのは、中々だといえる。 第4位は、先週の第3位からワンランクダウンで、映画『シャッター アイランド』の814万ドル(約7億3,260万円)。ディカプリオとスコセッシ監督のコラボ作品の興行収入では、2番目に高い成績を記録しており、封切り4週目にして1億ドル(約90億円)の大台に乗り、3月14日時点での総合興行収入は推定1億800万ドル(約97億2,000万円)となっている。 ギリギリでトップ5入りしたのが、映画『トワイライト』シリーズで人気者のロバート・パティンソン主演映画『リメンバー・ミー』(原題)。週末809万ドル(約7億2,810万円)の興行収入を収めたこの作品は、ロバートがバンパイアなどではなく普通の人間を演じた作品。とはいうものの、どうやらロバート・ファンはバンパイアや魔法使い(『ハリー・ポッター』シリーズのセドリック)のロバートにご執心のようで、普通人間のロバートにはあまり興味をそそられなかったようだ。 さて、ロバートの話ついでにそれにまつわる次回チャート入りしそうな新作をご紹介。ロバート同様『トワイライト』シリーズで、ベラを演じて大人気のクリステン・スチュワートと、グッと大人になったダコタ・ファニングが主演の映画『ザ・ランナウェイズ』(原題)。1970年代半ばに人気だったガールズバンドの先駆けザ・ランナウェイズの栄枯盛衰を描いた作品で、クリステンとダコタによるロックスターの成り切りぶりが話題になっている。大女優の出演する映画ではないが、ノリにノっている二人のヤング・アクトレス作品が全米チャートにどこまで食い込めるか非常に興味深い。 ほかのチャート入り候補である封切り作品だが、ジュード・ロウ主演の映画『レポ・メン』(原題)もその可能性ありだ。美形のジュードが借金を返さないやつらから、そのかたとして臓器をちょうだいするという、顔に似合わぬ血みどろの役どころに挑戦している。しかしこれはホラー映画ではなく、ブラックユーモア・アクションコメディーとでもいおうか。フォレスト・ウィッテカーが共演で脇を固めているところにも興味をそそられる。 悪くても大体そこそこの成績を収めるラブコメだが、ジェニファー・アニストンとジェラルド・バトラー主演の週末封切り映画『バウンティー・ハンター』もその例に漏れなさそうである。保釈金をブッちぎって逃亡する元妻(ジェニファー)を追っかける賞金稼ぎの元夫(ジェラルド)が繰り広げるドタバタ劇という筋書き。最近この二人が主演したラブコメは、ことごとくしりすぼみに終わっているため、果たしてこの作品はどうなるかが見もの。 最後になるが意外と好成績を上げそうな作品が、映画『ダイアリー・オブ・ア・ウィンピー・キッド』(原題)。子どもたちの間で大人気のシリーズ本を映画化した作品で、毎度おなじみファミリー映画パワーがどこまでチャート上位に届くか……というところである。(取材・文:神津明美 / Akemi Kohzu)【関連情報】・映画『アリス・イン・ワンダーランド』・早くも『アバター』超え!『アリス・イン・ワンダーランド』が記録を更新!勝因は女性客 -3月9日版【全米ボックスオフィス考】・ディカプリオ主演映画、2週目も王座君臨!『シャッター アイランド』全米で大ヒット中! -3月1日版【全米ボックスオフィス考】・ディカプリオ『シャッター アイランド』が全米第1位!公開延期が功を奏した? -2月22日版【全米ボックスオフィス考】・初登場の2位『ウルフマン』と3位『パーシー・ジャクソン』が好調【全米ボックスオフィス考】

ケイト・ウィンスレットとサム・メンデス監督が離婚へ

昨年のオスカーではこんなに幸せそうだったのに…Photo:Rex Features/アフロ 英女優ケイト・ウィンスレット(34)と夫で英映画監督のサム・メンデス(44)が、今年初めに離婚に向けて別居していたことが明らかになった。2人の弁護士が正式に声明を発表した。声明によると、「別居は双方の合意による友好的な決断で、今後も子どもたちの養育は共同で行っていく」という。ともに英レディング出身のウィンスレットとメンデス監督は2003年に結婚。2人のあいだには6歳の息子ジョーがいる。また、ウィンスレットと前夫ジム・スリープルトンの娘ミア(9)も夫妻と一緒に暮らしていた。「愛を読むひと」で第81回アカデミー主演女優賞を受賞したウィンスレットと、「アメリカン・ビューティー」で第72回アカデミー作品・監督賞を受賞したメンデスのオスカーカップルにはこれまで特に不仲の噂もなく、09年の「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」では監督と主演女優としての共同作業も行っていた。

Nokia、09年携帯市場シェア予測を34%へ下方修正

Nokia は12日、同社の2009年世界携帯電話市場シェア予測をこれまでの38%から34%に下方修正する発表を行った。2010年も成長は見込めないとの見通しだ。Nokia によると、今回の修正はより正確な計算方式を採用したことによる修正結果だとしている。新たな計算式には正規品、非正規品、海賊版などの数値が含まれている。2010年のシェア拡大は見込めないものの、金額ベースでは前年比で小幅な成長を予測している。また、新たな計算方式の導入により、Nokia は2009年度の全世界携帯電話産業全体の出荷量を、当初見通しの11億4,000万台から12億6,000万台に上方修正している。その他、Nokia は2010年の携帯市場全体の伸びについては前年比10%成長という見解を維持している。■関連記事AUO と TPV、東欧に液晶パネル後工程モジュール アッセンブリー工場設立09年の世界 PC 出荷成長率1%―iSuppli【台湾】Quanta のノート PC 出荷予測、5,100万台に上方修正【台湾】AmTRAN、今年の液晶 TV 出荷目標700〜800万台【中国】深セン地区トップ100企業、Huawei が Foxconn を初めて凌駕

ギリシャ支援準備で合意=中身は示さず−ユーロ圏財務相

 【ブリュッセル時事】ユーロ圏非公式財務相会合(ユーログループ)は15日、財政悪化に直面するギリシャへの支援をめぐり協議し、同国への金融支援策を早急に詰めることで合意した。ただ、支援額など具体的な中身については明らかにしなかった。 会合後に記者会見したユーログループのユンケル議長(ルクセンブルク首相)は、ギリシャは現時点まで、ユーログループに対し支援を要請してきておらず、同グループとしても、支援の必要性はないと考えていると述べた。しかし、支援に関する「技術的な準備が数週間以内に完了するだろう」と説明。必要と判断した場合、支援を迅速に実施する方針を示した。 

普天間移設、首相またブレるも「大きな話でない」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は30日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題で、3月中に決めるとしてきた移設先の政府案に関し、「1日、2日、数日ずれることが何も大きな話ではなく、大事なことは5月にしっかりとした案を(沖縄や米国に)理解してもらうことだ」と述べ、4月にずれ込むとの認識を示した。首相公邸前で記者団の質問に答えた。3月中の政府案決定を実現できなくなったため、正当化を図った形だ。

 首相は今月4日、「当然、3月中には政府の考え方をまとめなければいけない」と記者団に語り、自ら政府案を一本化する期限を設定していた。しかし、29日に「今月中じゃなきゃならないと、法的に決まっているわけじゃない」と前言を翻した。ところが、この発言の評判が悪かったので、苦しい“言い訳”をせざるを得なくなった。

 一方、平野博文官房長官は30日の記者会見で「5月末までに政府決定ができるかが本質論であり、ぶれているわけではない」と、首相を擁護した。その上で、米国のゲーツ国防長官やクリントン国務長官と会談した岡田克也外相の報告を待って判断するとの見通しを示した。

“脱キャビネット選挙”の執行部誕生、問われるかじ取り(医療介護CBニュース)
不明の常岡さん、アフガン北部で監禁か(読売新聞)
<短歌>寺山修司賞など決まる(毎日新聞)
立川支部検事を懲戒処分=事件被害女性と交遊−東京地検(時事通信)
全国体力テスト、参加率18%に=事業仕分けで86%から低下−文科省(時事通信)

「プロが選んだ 自分が入りたい保険ランキング」2年連続 第1位を獲得

   ライフネット生命保険の死亡保険(定期)「かぞくへの保険」が  週刊ダイヤモンド「プロが選んだ 自分が入りたい保険ランキング」       死亡保障部門 2年連続 第1位に選ばれました…………………………………………………………………………………………… ライフネット生命保険株式会社 (URL:http://www.lifenet-seimei.co.jp/ 本社:東京都千代田区、代表取締役社長:出口治明、以下「ライフネット生命」)が販売する死亡保険(定期)「かぞくへの保険」は、株式会社ダイヤモンド社発行「週刊ダイヤモンド」の2010年3月20日号特集企画「保険をリストラ!」の「プロが選んだ 自分が入りたい保険ランキング」死亡保障部門で第1位に選ばれました。 「プロが選んだ 自分が入りたい保険ランキング」では、保険に詳しいファイナンシャルプランナーや保険ジャーナリストなど19名に、「入りたい保険」「入りたくない保険」を三つまで挙げていただいています。ライフネット生命保険の死亡保険(定期)「かぞくへの保険」は、「ネット直販のため、安くてわかりやすい商品。若年層の保険料が安い」として、全19名のうち12名から支持され、第1位となりました。また、医療保険(終身)「じぶんへの保険」は医療保険部門で第5位に選ばれました。 死亡保険(定期)「かぞくへの保険」は2009年3月14日号特集企画「保険のムダ 総点検」の「プロが選んだ 自分が入りたい保険ランキング」死亡保障部門でも第1位に選ばれており、発売初年度から2年連続で保険のプロから選ばれ続けています。 -------------------------------------------------------------------昨年に引き続き、保険のプロフェッショナルの方々から高い評価をいただけたことをとても光栄に思います。今後もより多くの方々にこの商品を知ってもらい、検討していただけるよう、社員一同力をあわせて努めてまいります。ライフネット生命保険株式会社 代表取締役社長 出口 治明-------------------------------------------------------------------━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆ ライフネット生命について URL: http://www.lifenet-seimei.co.jp/ ライフネット生命保険は、相互扶助という生命保険の原点に戻り、「どこよりも正直な経営を行い、どこよりもわかりやすく、シンプルで便利で安い商品・サービスの提供を追求する」という理念のもとに設立された、インターネットを主な販売チャネルとする新しいスタイルの生命保険会社です。インターネットの活用により、高い価格競争力と24時間いつでも申し込み可能な利便性を両立しました。徹底した情報開示やメール・電話・対面での保険相談などを通じて、お客さまに「比較し、理解し、納得して」ご契約いただく透明性の高い生命保険の選び方を推奨し、「生命(いのち)のきずな=ライフネット」を世の中に広げていきたいと考えています。◆ 会社及び商品の詳細は http://www.lifenet-seimei.co.jp/ をご覧下さい。◆ お客さまの問い合わせ窓口: TEL 0120-205566  受付時間:平日9時-22時、土曜日9時-18時、(年末年始、日曜、祝日は除く)本件に関するお問い合わせ先ライフネット生命保険株式会社 広報03-5216-7900━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。